アリストテレスの提灯

ゆるく読めるブログを意識しました。

今日のむし 20190502~11

やっほー!うにべるくだよっ☆

みんなはGW、どこで遊んだかな?ディ○ニー?ユ○バ?それとも富○Qかな?

ぼくは毎日森を徘徊していたよっ☆ 働いてない社会のお荷物は休みを享受してはいけないんだよっ☆ みんなもこうならないよう、馬車馬のように働こうねっ☆

 

というわけで、この1週間ちょいの間に見つけた面白い虫を紹介しつつ、日記的なことをつらつらと。

 

ここ最近はひたすら桑の木を揺らしてます。まぁー無限にチャバネアオカメムシ君が落ちてくる。一振り平均3頭は入ってますね。向こうもいい迷惑だ。

 

f:id:uni_berg:20190511214912j:plain

シナノクロフカミキリ

シナノクロフカミキリ Asaperda agapanthina

神奈川県 藤沢市 2019.05.07

(画像はわかりやすくするために調整しています)

 

この時期のクワからはたまーに小さいカミキリが落ちてきます。虫ナビ(https://mushinavi.com/)さんによると、新芽を食べているとのことです。

そのうち恐ろしい数のでかいカミキリが幹から脱出してくるのでしょう。あんなにガリガリ穿孔されてクワは大丈夫なのでしょうか?

 

f:id:uni_berg:20190511215742j:plain

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ Reticulitermes speratus

神奈川県 藤沢市 2019.05.07

 

初めて有翅虫の群飛に遭遇しました。風が吹くたびに十数匹がわーっとスクランブル発進していく様はなかなかに見ごたえがありました。

この日はどこの木をガサっても入ってくるほどだったので、かなりの数が飛び立ったのでしょう。

 

そしてラスト。

f:id:uni_berg:20190511220207j:plain

ハラグロオオテントウ

ハラグロオオテントウ Callicaria superba

神奈川県 藤沢市 2019.05.11

 

市内で最大級のテントウムシ。とにかくでかい。

本来は関西以西に棲息する種ですが、分布を東に広げ、県内(小田原)に入ってきたのは2013年頃と考えられています。(佐藤・木崎,2013)

僕は4年前に見ており、同地でその1年前に採集している人が知り合いにいるので、少なくとも2014年には藤沢市に入っていたのでしょう。恐ろしい拡散速度である。

 

f:id:uni_berg:20190511221351j:plain

腹黒い。

ハラグロという名は、その性格ではなく、見た目に由来しています。

こうして見ると、腹全体が黒いわけではなく、後脚より尻側の縁は赤なんですね。

 

f:id:uni_berg:20190511221836j:plain

クワキジラミ

f:id:uni_berg:20190511222013j:plain

ロウの羽衣を纏い、群れる。

ハラグロオオテントウの主食はクワキジラミ Anomoneura mori です。クワの重要害虫であるため、養蚕の盛んな地域にとってはテントウの到来を待ちわびているかもしれませんね。


f:id:uni_berg:20190511222615j:plain

ご満悦

試しに、撮影のギャラとして与えてみると、モリモリ食べ始めました。キジラミからしたらたまったもんじゃないですが。。。

移入種の巨大テントウというと、ムネアカオオクロテントウが話題ですね。といっても、ハラグロほどではなく大き目のナミテントウくらいのサイズらしいですね。

じわじわと南下し、つい先日横浜南部での報告も上がってきていたようなので、来年には当地でも見ることができるかもしれません。あまり喜ばしいことではないんですけどねぇ~。。。

 

引用文献

佐藤勝信・木崎庸(2013):ハラグロオオテントウを神奈川県小田原市で採集.月刊むし,509:38-39.